アトピー性皮膚炎とは、肌が急激にかゆくなる症状です。
このかゆくなる際には、湿疹が見られることも特徴として挙げられます。
ただ、ずっとかゆくなるというわけではなく、かゆくなったり治ったりを繰り返していき、その繰り返しがなかなかおさまらないのです。
虫刺され等もかゆみを発症するため似ているように思えますが、このような部分で違いがあるのです。
では、どうしてこのような状態になってしまうのでしょうか。原因としては、遺伝的な原因と環境的な要因とに分かれます。
遺伝的な原因としては、そもそも肌が弱いということがあり、肌が乾燥しやすい、皮膚のバリア機能が弱いといったものです。
環境的な要因というのは、まず、ダニやほこりといったものがあります。それに加え、引っかいたりすることによって、さらに進行してしまいます。

では、このような症状を改善するには、どのような対策をすれば良いのでしょうか。
薬による治療が手っ取り早いように見えますが、その分費用もかかります。
まずは、費用がかからない方法を見ていきましょう。前述したとおり、アトピーには遺伝的な原因に加え、なんらかの環境的な原因があります。
まずは、その環境的な原因を除去しましょう。例えば、ダニやほこり等が多いのなら、部屋の掃除、換気を行い、生活環境を改善しましょう。
ストレスがたまっているのであれば、趣味に没頭したり、ゆっくり休んだりするのも良いでしょう。
また、肌が乾燥しやすいのであれば、保湿を行いましょう。
保湿剤を使用し、水分が肌から肌から逃げるのを抑えるだけでも肌の状態は良くなります。

上記の様な対策を施しても効果が実感できない場合は、薬による治療を行いましょう。
パッと思いつくのはステロイドかもしれませんが、現在では、様々な治療法があります。
大きく分けると、外用と内用に分かれ、外用では、まず先ほど伝えたステロイドがあります。
副作用が心配される方もいるかもしれませんが、内容で使用するよりかは、副作用の心配はありません。
副作用を心配して、中途半端に量を減らしたりしてしまうと、効果が全くあらわれないので気を付けましょう。
ステロイドの他にも、免疫反応を抑えるものもあり、内容でも、ステロイドは選択肢に入ります。
こちらも、自分の判断で量や回数を減らしたりすると、効果があらわれないばかりか逆に副作用が出てくる可能性もあるので注意しましょう。

オススメリンク

アトピーの症状を改善させてくれるのは:最新アイテムで画期的に改善する方法
アレルギーを改善できるビオチンの購入ならこちら|アメリカンビタミンショップ

皮膚炎の一種

アトピーとは、皮膚炎の一種です。
乾燥肌による敏感肌に素因が重なって発症するとされています。
痒みのある湿疹が悪くなったり良くなったりを繰り返すという特徴を持…Read more

生活の変化も治療に

皮膚炎の患者はほとんどの場合皮膚のバリア機能が極端に弱くなっており、アレルギーが侵入しやすい状態となってしまっています。
その理由としてあげられるのは、上記でも記載し…Read more

関連リンク

アーカイブ

カテゴリー

BACK TO TOP